CYDEFとは?

2018年に開始したこのカンファレンスは「NATOサイバー防衛協力センター」や「米陸軍サイバーディフェンス研究所」などの研究機関等の協力を得て、世界各国のサイバーディフェンスの専門家による日本最大のサイバーディフェンスカンファレンスです。4年間で延べ200名以上の方に登壇していただき、延べ3,000名以上の方々に聴講いただいています。

CYDEF 2022の目的

サイバー攻撃や情報工作が内包される現在の武力侵攻は、そこに住む人だけでなく国際社会すべてを遠慮なく巻き込み、資源・金融・流通などの経済活動や人の認知領域にも大きな影響を与えています。今年のCYDEF2022ではこの現実を直視し、防衛・安全保障の視点から社会と経済の発展の阻害に直結しているサイバー領域における現況とその趨勢について国内外の有識者を交えて議論していきます。

CYDEF 2022のテーマ

Defending the continuity of light in the gray zone ~グレーゾーン最前線の専門家が終結(仮)

CYDEF 2022 開催概要

開催日2022年12月1日(木)〜2日(金)の2日間
実施方式オンライン(予定)
主催サイバーディフェンス研究会 CYDEF実行委員会
参加者情報セキュリティ・サイバー依存の高いビジネス・ディフェンス業務に携わる技術者及び管理者、IT/ICT企業、
防衛関連企業、金融・社会インフラ企業のIT/セキュリティ/事業継続企画部門、海外依存の高い企業の経営者、
サイバーに関する国内・国際法担当者、サイバーディフェンスに関心のある学術関係者、官公庁、学生など
協賛団体募集中
特別後援調整中
後援調整中

CYDEF 2021実績